35歳で不妊からママになる! 妊娠力を上げる方法 スタートページ

35歳から妊活を始めたものの、夫婦共に原因不明不妊に悩んだ2年間。
妊娠出来るまでに色々なことに取り組んだことをまとめたサイトです。

管理人プロフィール

・名前:みなみ
・年齢:30代後半
・住んでいるところ:神奈川県
・職業:兼業主婦

体質や嗜好品など

  • 体質傾向
    身長162センチの少し(?)太り気味。
    生理周期は25~30日の間でズレはあるものの、比較的順調なタイプ。
  • メンタル的傾向
    基本的に負けん気が強く、イライラしがちなタイプ。
  • 妊活での悩み(嗜好品系)
    コーヒーは1日1~2杯、毎日晩酌する程の酒好き。
    晩酌なんてレベルではなく、ビールにもう1~2杯に加えて
    日本酒や焼酎、ウイスキーを飲んでいました。

初めての妊娠までの時系列

34歳で結婚し、新婚生活も落ち着いた35歳で妊活をスタートします。
具体的には、基礎体温を付けて排卵期を予測し、その前後で仲良し。
当時は排卵期に仲良くしたら、すぐに妊娠できると信じておりました。

ところが無情にも月日は流れて、その中で35歳からの卵子の老化を知ります。
35歳という年齢の意識もあったので、
(本当は半年で不妊検査を受けようと思いましたが)
子供を意識してから約10ヶ月で不妊検査をしました。

不妊検査と言っても、タイミングも見てもらいながら
2周期ほどかけて検査をするんですね(女性側)。男性は一回のみ。

ところが夫婦共に不妊原因はなし!
ひとまずタイミング治療を6回、人工授精3回で体外受精という
至ってスタンダードな治療方針を出されます。

そして途中クリニックを変えつつも、体外受精のステージまで。
この時、妊活開始後約1年10ヶ月。治療開始後約1年になっていました…

初めての体外受精はあえなく撃沈…
体外受精ですら妊娠できないってことでショックも大きく、
治療をお休みしました。

治療を休みつつ、ジム通いで体重を減らす試みを。
一方で治療に当てていたお金や時間を、子授け祈願や旅行にシフト。

でもただお休みだけってのも不安で、何かできることを…と
ミトコア300mgというミトコンドリアに働きかけるサプリメント
飲み始めました。

そして約1ヶ月半、初の自然妊娠に至りました。

そんな2年間の妊活生活の中から、妊娠力を上げる方法を整理して
当サイトにまとめてみました。

以下の目次から気になる記事をどうぞ!

目次

  1. 治療で妊娠力を上げる
  2. 自分で妊娠力を上げる
  3. ブログ